MENU

「ヒザ痛改善にウォーキングがいい」は本当?

ただし、身体を動かす際に気をつけていただきたいことがあります。いきなり「ウォーキング
」は避けてほしいのです。

 

たしかにヒザの治療を行う場合、動かさないのはよくないことです。また、ヒザの
痛みを解消する運動として、病院などでは「ウォーキング」が推奨されています。

 

ですが、ヒザが悪い人にとっては負担を与えるだけ。

 

実際に、治療にウォーキングを取り入れることでさらに症状を悪化させたケースも
多くあります。

 

一例を上げると

 

ある60代の女性・Aさんは、ヒザに痛みを感じたために極力動かさないようにして
痛みを抑えていました。

 

薬を服用し、なるべく安静にしていたら痛みが治まったので、ヒザ痛を再発させな
いようにとウォーキングを開始。すると、以前よりヒザの痛みが重篤化し、立ち上が
ることさえ困難になってしまったのです。

 

といってもウォーキングがよくないわけではありません。ウォーキングができる身
体をつくるのが先だということです。

 

ウォーキングを始めた当初から、「なんとなくヒザに違和感があった」とAさんは
おっしゃいます。けれど、「病院の先生がヒザ痛にいいと言っていたから」と信じて
疑わず、そのままウォーキングを毎日の日課として続けていました。

 

そもそも、Aさんのヒザが痛くなったのは、事故やケガではありません。

 

だとしたら、「筋力の低下」か「身体の使い方が悪い」かによるもの。歩き方にだ
って、少なからず原因があるはずです。

 

実際に、患者さんを分析すると、ヒザに痛みがある人の多くがかかとを地面に
叩き付けるような歩き方をしていました。その衝撃が腰に、やがてはヒザヘの
負担となり痛みを発症させます。

 

つまり「いくつになっても歩ける」ための関節(体幹、服関節、足関節)と歩くた
めに必要な筋力をつけてから、ウォーキングを始めてほしいのです。

 

一度治ったからといっても、同じような歩き方をしている限り、痛みは必ず再発し
てしまいます。痛みがとれた=治ったではないのです。

 



多くの人が膝痛から開放されました。おすすめです





このエントリーをはてなブックマークに追加 


  • SEOブログパーツ