MENU

ヒザの痛みの原因は大きく分けて3つある

ヒザの関節がかかりやすいトラブルには、変形性ヒザ関節症、慢性関節リウマチ、
半月板損傷、靭帯損傷、スポーツ外傷、痛風などがあります。

 

中でも患者数の多さから、変形性ヒザ関節症、慢性関節リウマチ、半月板損傷はヒ
ザの3大病といわれています。

 

ですが、ヒザ痛の大部分は「変形性ヒザ関節症」だといつてよいでしょう。特に女
性に多いという傾向もあります。

 

「変形性ヒザ関節症」の原因もまた様々ですが、大きく分けて、

 

ケガや事故

 

筋力の低下

 

身体をうまく使えていない

 

という3つがあります。それぞれの違いを解説していきましょう。

 

ケガや事故
 「若い頃にやっていた部活動で、ヒザを酷使した」
 「階段から落ちて、ヒザを強打した」
 「交通事故に遭って、ヒザに大けがをして手術をした」
などといったように、外部から大きな衝撃がヒザに加わることで、ヒザにダメージ
を負ってしまうケースです。

 

治療や手術によって傷やケガ自体は回復するものの、慢性的にヒザに痛みが残って
しまうことも多々あります。

 

一方、筋肉の衰えや肥満、長期的に続けた無理な動作など、生活をする上で起こる
さまざまな要囚が絡み合った場合、明確な原囚が特定できないものを「一次性変形性
ヒザ関節症」といいます。

 

多くの方が悩んでいるヒザの痛みは、ほぼ「一次性変形性ヒザ関節症」だと考えら
れています。原因に関しては特定しにくいながらも、大きく2つに分けると次のような
要因が考えられます。

 

筋力の低下

 

人間の身体は、一般的に25歳頃から筋力が低下すると考えられています。筋肉自体
の量が減るだけでなく、筋肉をつくっている線維の質そのものも劣化します。

 

普通に生活している場合だと、筋肉量は20歳ぐらいでピークを迎え、ゆるやかに減
少します。特に50歳を過ぎると1年で約1%の割合で筋肉が減少。さらに安静のまま
(寝たきり)ではたった2日で約1%も減少するといわれています

 

筋肉には関節をサポートする働きがあるのですが、筋力が弱り、筋肉自体が衰えて
くると、サポートカも同じように弱ってきます。

 

すると、関節自体に負担がかかってくるので、結果として軟骨がすり減ったり、骨
と骨同士がぶつかり合って変形してしたり、痛みにつなかってしまうのです。



多くの人が膝痛から開放されました。おすすめです





このエントリーをはてなブックマークに追加 


  • SEOブログパーツ