MENU

ちよつとの膝の痛みでも大騒ぎするほうがいい

時々ヒザに痛みを感じる程度なら、その痛みを「ヒザの周りの筋肉がさびついて動
きが悪くなっているよ」というサインと捉えてみてはいかがでしょうか。

 

痛みは急に出てくるものではありません。違和感やちょっとした痛みとして、身体
はちゃんとサインを出しています。

 

怖いのは、その痛みににすぐに対応せずに放っておくことです。

 

痛みを放置すると脳がその痛みに慣れてしまい。痛みを感知するセンサーまで鈍く
なってしまいます。

 

つまり、今までは10段階レベルの2の状態で痛みを発していたものが、レベル4と
かレベル5にならないと痛みを感じなくなってしまうのです。

 

痛みが消えるどころか、どんどん激しくなると感じる理由はここにあります。

 

痛みを抑えようと痛み止めを飮んだとしても、身体からの警告は無視しています。
これは火事が起きているのに、警報器のサイレンを止めてしまったようなもの。

 

もちろん、警告音が鳴らなくなっても火事はどんどん広がっていくように、ヒザの
痛みも警告音を無視しているだけで、本来の原因の解決にはなっていません。

 

むしろその警告を無視している問に、症状はどんどん悪化している可能性もあると
したら……。これってちょっと怖いことだと思いませんか?

 

このように、ヒザの痛みは日頃のクセ、長年の行動が引き起こす「生活習慣病」の
ようなものです。



多くの人が膝痛から開放されました。おすすめです





このエントリーをはてなブックマークに追加 


  • SEOブログパーツ