MENU


多くの人が膝痛から開放されました。おすすめです





このエントリーをはてなブックマークに追加 


  • SEOブログパーツ

誰でも簡単にできる膝の改善方法記事一覧

ポイントは骨の数、関節の数上体(体幹)股関節足関節この3つを動かすポイントは、「骨の数」にあります。私たちの身体には、全身200個余りの骨、約260もの関節が存在しています。背骨(頸椎、胸椎、腰椎) の数は24個。関節については、特に胸椎とそこに隣接する関節は72個もあります。その他、股関節やヒザの関節、手足の関節などを含めるとこれだけの数になります。特に手足は関節の多い場所です。手は普段からよく...

よくダイエットなどで「体幹を鍛えなさい」などといかれているので、言葉自体はご存知の方も多いでしょう。体幹とは腰やお腹など胴体部分のことで、腹筋や背筋、胸筋などの総称を体幹筋といいます。中でも腰は「身体の要」と書くように、身体の中心にあって上半身と下半身のバランスをとっています。また、さまざまな動作を行うときにいちばん使われる場所でもあります。体幹部はほかの部分と同様、運動不足や加齢とともに衰えてい...

膝の痛みを解消する体幹並進運動[肩ヨコヨコ運動のやり方]1.仰向けに寝て、両手を真横に伸ばす2.腰から下は動かさずに、肩甲骨周辺だけを使って肩を右、左、右、左と動かすこれは、肩を左右に動かすことで、体幹部の筋肉や関節(背骨)をゆったりと調整していく方法です。特に横方向への動きを加えることに意味があります。おもに刺激されるのは、「大腰筋」いわゆる「インナーマッスル」と呼ばれる筋肉です。 「大腰筋」は...

次に体幹を前後に動かしてみましょう。先はどの肩ヨコヨコ運動の強化法としても、相乗効果をもたらしてくれます。やり方」1.うつぶせに寝て、ヒジから手首までを床につける。ひじにタオル、胸にクッションを入れておくと身体が支えやすくなる2.肩甲骨を開くようにして背中を上げる(背中が膨らむ感じ)3.ヒジとヒザで支えておなかを浮かせる4.肩甲骨を寄せるようにして背中をゆっくり下げる(背中がへこむ感じ)5.背中が...

[やり方]1.両ヒザを立てた状態で仰向けに寝る2.両ヒザをつけたまま、足全体を右に倒す3.元に戻したら、次は左に倒す。この左右に倒す運動を繰り返す。  上半身はなるべく動かないように注意するできれば布団の上などのやわらかい場所よりも、畳の上など固いところで行ってください。これは、股関節の動きを柔軟にするとともに、体幹部の関節や筋肉のこわばりもほぐしていく体操です。腰に痛みがあると、初めのうちは左右...

ヒザに負担をかけない歩き方ができるようになると、当然、痛みの症状も軽くなりますし、痛みが発生する頻度も少なくなります。ヒザ痛を抱えている方には、一般的な「理想の歩き方」よりも、「ヒザに負担をかけない歩き方」を覚えていただきたいと思います。ポイントは、ヒザを少しだけ上げるように意識することです。もも上げのように大きく上げる必要はありません。いつもより1〜2センチくらい上げるイメージを持って歩いてみて...

「やっぱりヒザが痛い人は、足は組まないほうがいいんですよね?」 大変多くの方から、このような質問をされることがあります。 これに対しての答えは「足はどんどん組んでください」ちょっと驚いたでしょうか。「身体が歪んでしまうんじやないの?」そう思った方もいるかと思います。しかし普段何気なくやっているしぐさで、これほど股関節を動かせるものは他にありません。だからこそどんどん足を組んでもらいたいのです。ただ...

ヒザを健康に保つためにはヒザにある。風船つまり関節包の弾力(圧力)を保つ必要がありますヒザに水たまってしまうのは身体の防衛反応。ヒザの圧力、すなわちクッション性を保つ最終手段であり、ヒザ自体を改善しなければこの症状が治まることはありません。そうお伝えしましたが、しつけ水を溜めない方法があるにはあります。まず一つめは、テーピングやサポーターをすること。外側から圧をかけることで、ヒザに一定の圧力をキー...